健康診断とは

健康診断とは

当院では、生活習慣病を早期に発見して重症化する可能性を極力低減させることを目的とした特定健康診査(特定健診)をはじめ、労働安全衛生法に基づいて実施する企業健診(雇入時健診、定期健診)など、各種健康診断を行っています。

特定健康診査(特定健診)

生活習慣病を発症しやすいとされる40~74歳の方を対象にした健診です。生活習慣病発症の有無の確認を診断するだけでなく、メタボリックシンドローム(メタボ)の判定も行っています。生活習慣病と診断されなかったもののメタボと判定された方には、生活習慣病の治療内容と同様の予防治療を受けていただきます。

主な検査項目は、問診・身体計測・血圧測定・尿検査・血中脂質検査・血糖検査・腎機能検査・肝機能検査などです。検査の数日後に結果を確認し、主に肥満・脂質・血圧・血糖、問診票の中から必要に応じて、生活習慣病を発症するリスクが高いとされる方への生活習慣を見直すためのサポートとして特定保健指導を行います。指導内容はリスクの程度で異なり、動機付け支援と積極的支援とがあります。指摘された方は、可能な限り受けるようにしてください。

企業健診(雇入時健診、定期健診)

企業健診とは、労働安全衛生法で義務付けられている健康診断です。一口に企業健診と言いましてもいくつかの種類があり、当院では、「雇入時健康診断(雇入時健診)」と「定期健康診断(定期健診)」を実施しています。それぞれの検査項目については、以下の表をご覧ください。

雇入時健康診断

事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

定期健康診断

事業者は年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTの検査)
  • 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます