リハビリテーションとは

リハビリテーションとは

整形外科領域で行われるリハビリテーションは、医学的リハビリテーションの中の運動器リハビリテーションというものです。主に日常生活で必要な動作訓練を医師の指示を受けた理学療法士のサポートを受けながら行っていく理学療法(運動療法、物理療法)を中心に行っていきます。

リハビリテーション(理学療法)の対象となる主な症状(例)

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • スポーツ活動に早く復帰したい
  • 手術後のリハビリテーション など

理学療法について

病気やけが、加齢、障害などによって運動機能が低下し、それによって日常生活に支障をきたしている患者さまに対して、体を動かしていく運動療法や物理的な刺激(熱、電気、水圧 など)によって起きた生体反応を利用する(物理療法)などして、日常的に必要とされる動作を回復、維持させていくリハビリが理学療法です。運動療法と物理療法のそれぞれの特徴は次の通りです。

運動療法

運動機能の改善・維持を目的に身体を動かしていくことを中心に行っていくリハビリテーションが運動療法です。主に関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練、運動協調性訓練、歩行訓練といったメニューを医師の指示を受けた理学療法士が患者さまをサポートしながら行っていきます。これらによって、身体活動の減少によって起きやすいとされる、患部の痛み、関節の可動域制限、筋力やバランスの低下といったことなどを予防していくようにします。同療法によって、患者さまが持つとされる自然治癒力を増進させていきます。

物理療法

物理的エネルギー(熱、電気、水 等)による刺激によって引き起こされた生体反応を活用し、機能改善を図っていくのが物理療法です。

代表的なものとしては、熱くなったパックを患部に当てることで血流を改善させていくなどの温熱療法、電気の刺激によって筋肉を収縮するなどして、コリや麻痺をほぐしていく低周波療法、ウォーターベッドで仰向けになって、その患部に水圧を押し当てるなどしてマッサージのような刺激を与える水治療法、引く力を体のある部分に加えていくことで、関節変形、拘縮などを防ぐようにする牽引療法などがあります。これらを行うことは、運動療法も含めた理学療法をより効果的にしていきます。

自主トレ

リハビリテーションは自身でのストレッチや筋トレを合わせて行うことで、非常に効果が高くなると考えております。当院ではそれらの指導を行なうことも非常に大切と考えております。それぞれの状況に合わせて、必要な運動内容について理学療法士から指導してきますので、運動が習慣づくように頑張りましょう!